難病ALSと闘う inayan777のブログ

私は現在ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病と闘っています。この難病は10万人に1人と言われる原因不明の神経性難病です。今から100年以上も昔に発見された病気ですが、現在の医学では治すことができないのです。症状の進行は驚くほど速く、発症して1年3ヵ月後に胃瘻を造設して、その4ヶ月後には両肩関節機能全廃となり、身体障害者手帳3級(現在2級)になりました。介護認定も行っており要介護5になりました。このブログでは発症してから現在までの経緯や日々進行していく身体の変化、日常生活の様子、現在感じていることなどをご紹介していきたいと考えています。私は同じような難病や病気と闘っていらっしゃる方々と共にこの難病と闘い、絶対に乗り越えていこうと思います。また、この難病に少しでも関心をもってくださっている方々からもアクセスしていただければ大歓迎です。日々進行していく病気との闘いとの恐怖の中で、心だけは絶対に負けないように生きていこうと思います。ともにがんばっていきましょう!!

黄金色に輝く街

2週間前の日曜日の朝NHKテレビ番組「小さな旅」で、この地域では有名な祖父江町の銀杏林が放送されました。自宅から1時間の場所ですが、訪れたことがなく、初めてテレビ放送で見て行ってみたくなり、一昨日行ってきました。



黄葉まつりが始まる前でしたので、駐車場は空いてました。


まだ殆どの銀杏が完全に黄葉してませんでした。


こんな風景は見たことがないですねー
別世界にいるようでした。


お寺の境内にある大銀杏です。
樹齢は200年を超えています。
どっしりとしていて風格がありますね。


黄葉が速い銀杏林もありました。


街全体が黄金色の輝きに包まれるまでには少し速かったようでしたが、素晴らしい風景に大満足でした。
症状の進行とともに体が疲れやすくなってますが、帰宅後は体の痛みもそれほど感じなかったので、就寝時刻まで約6時間起きていました。きっと銀杏がパワーをくれたのだと思います。